ピエールドゥロンサールは世界一のバラ

こんにちは。

花ひろばオンライン店長のDXです。


世界中には、まだまだ たくさんの美しいバラがあります。


そして、世界中の育種家の汗と努力により、その数は年々増えております。



その中でも、一際バラファンを釘付けにするバラがあります。



クライミングローズ 「ピエールドゥロンサール」Pierre de Ronsard です。


ピエールドゥロンサールは、世界ばら会連合バラに栄誉殿堂入りした


世界中で最も愛されるつるバラです。




文字通り、その美しさが際立つバラですが、


ボク的に、どうしてピエールドゥロンサールが

こんなにもたくさんの人たちに愛されるバラになったかについて、


きっと「開花時期」も関係があると思っていて。



どういうことかと言うと、ピエールはバラの中でも開花が遅いほうなんです。



バラは4月にもなれば、次々と色んな品種が咲き始めます。



しかし、ピエールは気候の影響によっても前後しますが、


5月を過ぎたころから咲き始めます。



つまり、バラを見飽きたころに、「フッと」咲いてきて、


次第に豪快に咲きます。



他のバラたちよりも遅く咲き、バラの魅力に改めて気付かせてくれる。



そんな「ちょっぴりズルい」バラでもあります (笑)




別名:エデンローズ’88、エデン クライマーとも呼ばれ、



鉢植えでも楽しめますが、フェンスやアーチなどに絡めると、


それはそれは美しい景観が見られます。




こんな風にに豪快に楽しみたいバラです。




ピエールドゥロンサールの魅力は「花」だけではありません。



これはピエールの葉っぱなんですが、


ピエールドゥロンサールは病気にも強い耐病性を持ったバラでして、


「照り葉」とも呼ばれ、表面がつるつるしていて、病害虫に強いとされる所以 (ゆえん)です。


逆にカサカサで乾燥気味の葉っぱは、病害虫の心配が懸念されますが、ピエールが世界中から愛される理由には、こんなところにもあります。



こちらはお客様からいただいた お写真で、ピエールドゥロンサールの壁面仕立て。



これだけでもご近所で有名なバラのお庭として噂されそうな仕上がりですが、


肝心の「苗」はと言うと、両脇に一株ずつ、たったの2株で作った景観です。




そして・・・





さらに1年後には、こんなにも豪快に咲きました。




う〜ん!お見事!



スゴイんですが、皆さんのご自宅でも、こんな景観が作れます。



若木のときに、しっかり剪定と誘引を行うことで、

開花させたい枝にしっかり日光が当たった結果、こんなにもすばらしい景観を作ることができたんですね。


まさにつるバラ栽培のお手本とも言える出来栄えです。「水辺に誘引」、

「毎年しっかり剪定する」、下枝の処理 (上枝とかぶらない誘引)を行うことで、

咲かせたい場所に花が上がっています。



ピエールドゥロンサールの開花習性は「返り咲き」で、基本的には

1年に1回、春にしか花が咲きません。



四季咲き性が無いぶん、春に豪快な花がたくさん咲きます。




フランス メイアン社作出の世界に誇る「ピエールドゥロンサール」で、


皆さんもバラのある生活を始めてみてはいかがでしょうか?




ピエールドゥロンサール 苗のの購入はこちら





ではまた!


「今日も素敵なガーデニングライフをお楽しみください」






【公式】花ひろばオンライン|園芸通販サイト

ガーデニングはファッションだ! by花ひろばオンライン

花ひろばオンライン店長DXによる「ひとりごと」 ガーデニングとはお庭や自宅で繰り広げるファッションだ!をテーマに、 園芸、ガーデニングのこと、日常のこと、植栽コーディネイトのこと、たまに仕事のこと。 そして、お客様のこと。 普段のサイトでは語らない (語れない) のことや、植物だけに限らず、 思ったことを素直に書き綴ったブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000