初心者でもわかる!ハーブを苗から育てるコツ

こんにちは。

花ひろばオンライン店長のDXです。



秋になり、今年は例年よりも少し早く


涼しくなってきた気がします。


9月になった途端に、朝晩は半袖だと少し寒いくらい。



これから様々な植物が秋植えのシーズンに突入し、


さぁ、ガーデニングやろうか!って感じになってくる季節。




そんな中、これから収穫をむかえる植物もあります。





ハーブの苗です。



ハーブ ( 英名:herb ) は草花に分類される植物で、料理の香り付けや香辛料にも

使われます。香り高く、コンパニオンプランツや、室内でインテリアプランツとしても

近年人気の高い植物です。


ハーブと言っても品種は様々で、1年で地上部が無くなる「一年草」や、

冬の間だけ地上部が無くなり、春になるとまた芽吹いてくる「多年草」もあります。


みなさんでも身近なところだと、バジル、ラベンダー、ローズマリー、ミント、パセリなどは聞いたことがあると思います。


最近ではパクチーも話題ですね。


ちなみにパクチーの別名は「コリアンダー」なんですよ。




さてさて、そんなハーブですが、育てるのも簡単なんです。



小スペースでも楽しめますし、何より植えてからすぐに収穫もできる。

おまけに日陰でも育ちます。



場所を取らないっていいですよね。



実はボクも自宅で何種類かハーブを育てています。


ボクの場合は料理が好きなので、料理の香辛料や香り付けに使うために育ててます。



なんか、「オレ、自宅でハーブ育ててるんだよね。。」



ってちょっとカッコいいですよね (笑)




昔、何のドラマかは忘れましたが、田村正和がバスローブを来て、

自宅で大量のハーブを育てながら、毎日葉っぱを摘心し、それをハーブティーに

していたんですが、それがもう、カッコよくてですね (笑)



あ〜、自分もいつかハーブとか家で育ててみたいな〜。。。



なんて思ってました。


男は単純ですからね、動機なんて意外とシンプルなものです。





おっと、話はちょっとそれてしまいましたが、



ハーブ栽培がいくら簡単だって言っても、まったくガーデニングをやったことも

無い人からすると、それでもハードルが高いですよね。



でも大丈夫!!!



そんな初心者の方でもわかる、



ハーブ栽培を苗から育てるコツ

を作りました。



詳しくはこちらのページをご覧ください。




今日のブログでは、ハーブの育て方から抜粋したいくつかのポイントをご紹介します。



ハーブを育てるとき、「苗から育てる」か、「種から育てる」かで迷います。


まずここで最初の問題が発生しましたね。



答えは、苗から育てましょう。



なぜ苗から育てるかと言うと、時短もそうですが、すでに発根してますし、

地上部もあるので (購入時期によっては地上部はありません)、失敗しにくく、

すぐにハーブ栽培が楽しめます。



種からだと、発芽するまでに時間がかかってしまいますので、ハーブ栽培をより極めたい方は種から育て、初心者〜中級者の方は、迷わず苗から育てましょう。



苗を選んだら、今度はさっそく植えてみるわけですが、


土を選ぶポイントとしては、ホームセンターなどで購入する場合、

プランターの土などを選びましょう。培養土でも良いです。


ただし、ハーブはアルカリ土質を好むので、土壌改良する際、

石灰で中和させたほうが良いです。



それも面倒だと感じる方は、ハーブ栽培専用の土が良いです。

すでにアルカリ土質になっているはず。



なかなか売ってない場合は、ちなみに当店にもあります。



ハーブ専用 培養土の購入はこちら




次にポイントとしては、ハーブは乾かし気味に育てるのがコツです。




寄せ植えなどは乾かし気味に育てますが、ハーブも同様です。

あまり過度な水やりは禁物。土の表面が乾くまでは水やりを我慢し、

乾いたらたっぷりあげる管理がベストです。




それともうひとつ、肥料はあまり与えないほうが良いです。



肥料を与えない (少ない) ほうが、香りがよく出ます。



葉っぱの色が黄色かったり、成長時期に伸びが悪いけど、地上部は元気。

そんなときにだけ液体肥料を与えましょう。




ブログでは掻い摘んでお伝えしましたが、


ハーブの育て方」ページに、より細かく解説しておりますので、

もしこれからハーブ栽培にチャレンジする方は、ぜひ参考にしてください。



ボクも自宅でハーブを育ててますが、育てたハーブで作った料理がこれ。



海老とホタテとバジルのガーリックソテーです。



バジルは細かく刻み、電子レンジで乾燥させて使いました。


今日はせっかくなのでこちらのレシピも公開しましょう。



まず、海老の背ワタをキレイに取り、背中部分の真ん中に少し深めに切り込みを

入れ、海老を外側に広げます。


こうすることで、海老自体にガーリックとハーブのスパイスが絡み、

旨味が増します。


ヤングコーンは予め下茹でしておきましょう。



熱したフライパンに刻んだガーリックを炒め、海老とヤングコーンから炒めます。


海老の色が赤くなってきたら、ホタテを加え、塩、胡椒で炒めます。


次に白ワインを加えて一煮立ちさせます。



水分が少し飛んできたら、 (完全には飛ばしません)

下処理したバジルを加えます。


お好みでシソや、にんにくチュープをここで加えても良いです。


最後に、鍋肌に少量の醤油を加えてフライパンをあおったら完成です。


いかがでしたでしょうか。


ガーデニングもインテリアだったり、加工して料理に使ったり、

自分の好きなこととマッチさせれば、毎日続けたくなる素敵な趣味になります。



みなさんもぜひチャレンジしてみてください。




※ハーブ苗の購入はこちら

※ハーブの育て方はこちら




ではまた!


「今日も素敵なガーデニングライフをお楽しみください」







【公式】花ひろばオンライン|園芸通販サイト


ガーデニングはファッションだ! by花ひろばオンライン

花ひろばオンライン店長DXによる「ひとりごと」 ガーデニングとはお庭や自宅で繰り広げるファッションだ!をテーマに、 園芸、ガーデニングのこと、日常のこと、植栽コーディネイトのこと、たまに仕事のこと。 そして、お客様のこと。 普段のサイトでは語らない (語れない) のことや、植物だけに限らず、 思ったことを素直に書き綴ったブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000